西混の指導者のご紹介

益子務
客演指揮者: 益子 務

京都大学教育学部卒業後、大学院博士課程前期在学中にロジェ・ワーグナー合唱団の一員としてアメリカ演奏旅行に参加。 その後、シカゴ・リリックオペラのソリストとして活動。シンシナティ大学CCM大学院を経てインディアナ州立ボール大学院で声楽修士号、同大学院博士課程修了。 ヨーロッパでも、ベルリン国際音楽祭、ドレスデン国際音楽祭、バルセロナ音楽祭、ワロニー音楽祭(ベルギー)などでリサイタルを行う。 ドレスデン国立歌劇場、ワイマール・リスト音楽院、ノヴォシビルスク・グリンカ音楽大学などで客員教授としてマスター・クラスを行う。 2006年、07年、08年、プラハにおいてカメラ・タシンフォニカ・ボヘミアを指揮。2010年開催の第10回日本音楽療法学会学術大会(神戸) では大会長を務めた。
武庫川女子大学名誉教授(声楽・音楽療法)。

稲松真人
正指揮者: 稲松 真人

合唱好きは父親と兄の影響。八鹿高校時代にコーラスを始める。関西大学混声合唱団ひびき副指揮者。 大学時代に大阪の合唱連盟にて須賀敬一氏に指導を受ける。また、同志社とのジョイントの際には浅井敬壹氏にも指導・助言を受ける。 大学卒業後、西神戸混声合唱団に6年ほど在籍し。退団後、播磨町にてアンサンブル・ピアチェを指揮する。また大阪府合唱祭で関大「ひびき」OB合唱団の指揮することもあった。 西混には第14回のコンサート副指揮者として復団。第15回コンサート後、正指揮者。(本職は対人援助関係のフリーランス講師)

金岡 優子
ピアニスト: 金岡 優子

大阪音楽大学卒業。八田惇、故武田邦夫の両氏に師事。・在学中より多数の演奏会に出演。みつなかオペラ、大阪音楽大学ザ・カレッジ・オペラハウス、ニューオペラシアター神戸、 喜歌劇楽友協会、加古川シティオペラ等で「コレペティトール」をつとめる。またオーケストラの鍵盤楽器奏者や室内楽、歌曲のピアニストとしても活躍。神戸オペラカンパニー会員。

岡田 千絵
ピアニスト: 岡田 千絵

武庫川女子大学音楽学部卒業、同大学音楽専攻科修了。同大学新人演奏会、西宮市新人演奏会に出演。 第44回なにわ芸術祭「新進音楽家競演会」にて新人奨励賞受賞。 第11回長江杯国際音楽コンクール(一般の部)第一位。これまでに、山本景子、今岡淑子、B.ベクテレフ各氏に師事。
現在、武庫川女子大学音楽学部非常勤副手。


ページトップへ戻る


facebook  Youtube